ゴルフボールの選び方

ゴルフボールは一定の条件の規定はありますが、規定内であればさまざまなボールを使用しても問題ありません。
今では有名メーカーからもゴルフボールが販売されており、ゴルファーのレベルや癖に合わせたボールも販売していますので少しでもスコアを上げたいと考えているのでしたら自分でゴルフボールを選ぶと良いでしょう。

ゴルフボールの選び方で重要なのは硬さ、構造、スピン等になりますが、自分のプレイスタイルに合うかどうかも大事です。
今販売されているゴルフボールの大半は飛距離を伸ばすためのディスタンス、コントロールするためのスピンに分かれており、その中でも風に強いもの、アプローチで止められるもの等初心者から上級者向けのものまであるので何が合っているかをまず考えてください。

そんな中でボールの硬さですが、硬すぎるボールにヘッドスピードが遅い人が打つとあまり変形せずに飛距離が得られず、逆のヘッドスピードが速い人が柔らかいボールを打つと潰れてしまいますので、その逆を選ぶと良いでしょう。

ボールの構造は多重構造となっており、多重構造になるほど反発率や変形率を設計できるので高級なボールになるので自分との相性を探したいという上級者向けになります。

ボールをコントロールするスピンはスピンが多くなるほど飛距離が落ちてコントロールしやすくなり、スピンが少なくなるほど飛距離が伸びるので、自分はどうしたいかが大事になります。
またボールを打った時の打感を大事にしたい方もいると思いますので、ソフトや超ソフトのように表記されていますからそれを見て選ぶと良いでしょう。

自分の打った球筋で選ぶ方法もありまして、スピンが掛かってしまう人はスピン系ではなくディスタンス系を選び、逆にスピンが少なくて落ちてしまう人はスピン系のボールを選ぶと飛距離が伸びやすいです。

このようにゴルフボールの選び方ですが、基本はヘッドスピードの速さと球筋の特徴でディスタンス系かスピン系を選び、その上で多重構造のものにするのか、打感が良いものにするのかといった事を選んでいくと良いでしょう。

お探しの施設が見つからない場合下記検索をお使いください

 

ページトップへ